シーズン開幕!


今年も荒川沖教会にとって熱いシーズンが開幕しました。

何が熱いかと申しますと、ハレルヤフィールドに生える雑草達との戦いです。

春から夏の季節にかけて、雑草の成長するスピードが恐ろしいほど早く、少しでも放置してしまうと、雑草達はグングンと成長していきます。

そこでこの季節は教会のメンバーで月に数回、日曜日の午後に草刈りを行います。

子供から、婦人、壮年が協力して、ハレルヤフィードの草刈りを行うのがこの時期の恒例行事です。

これから写真を交えて、草刈りの様子を紹介していきたいと思います。

 

まずは子ども達。

芝生に生える雑草を抜く男の子グループ。

この日はとても暑かったので、「暑いって3回言ったら罰ゲームな!」と男の子グループでは、暑くないと自らに言い聞かせるように、意識高く草むしりをしていました。

こちらは、刈った雑草を集める女の子グループです。協力してたくさんの草を集めてくれています。

そして4歳の男の子も、自分よりも重い草を力強く運んでくれました。

この子はいつも力を持て余しているほどパワフルなので、ここぞとばかりにフルパワーで活躍してくれました。

続きまして、芝刈り機。芝と雑草ごと一気に刈り込んでいきます。

横では一年生と幼稚園生組が、頑張って草むしりをしていると思いきや・・・ ダンゴムシ探しに熱中しています。

こちらは刈払機組。危険な作業なので、壮年と青年が担当します。細かい所まで綺麗にしていきます。

教会の隣にある田んぼですが、ここも刈払機で刈っていきます。

こちらは、伸びた葉を枝切りバサミでカットしています。センス良く綺麗にカットしてくださいました。

続きまして、婦人の方々。こちらは教会の駐車場に生える雑草を抜いて下さっています。

終わる頃には教会の駐車場と花壇がとても綺麗になっていました。

そしてみんなで協力すること2時間・・・

フィールド全体を綺麗に整備することができました!

綺麗になったフィールドを眺める時、体は疲れていますが、とても充実した気持ちを味わうことが出来ます。

そしてフィールド整備後、綺麗に整備された芝生を見るとボールを蹴りたくなるのが、荒川沖教会に受け継がれる伝統なのでしょうか、

急遽PK対決が始まりました。

こちらは、荒川沖のゴールマウスを10年以上守り続ける、不動の正ゴールキーパーT兄。

対するは新加入選手のJ兄。サッカー未経験ではありますが、特大のポテンシャルを秘めており、これからの活躍に期待大です。

結果はやはり、ベテランキーパーT兄の貫禄の勝利でした。

綺麗に整備された芝生の上でボールを蹴ることができる事、これも頑張って整備した後の楽しみの1つでもあります。

 

これから月に数回、フィールド整備が行われます。

私たちは与えられているこのハレルヤフィールドを神様に感謝し、伝道のために豊かに用いられるように祈りつつ、

綺麗に整備し続けていきたいと思います。